研究会・全記録

日付 内容 合本掲載ページ
第1回 昭和61年3月30日 ・「裁判と秩父事件」(春田国男)
・「秩父事件と軍隊」(中澤市朗) ※2本とも、テーマは「明治国家と秩父事件」
3、5-7
第2回 昭和61年8月23日(土)-24日(日)★合宿 ・「秩父事件と山中谷」(清水吉二)
・「風布村の周辺」(吉瀬総)
・三波川フィールドワーク
11-13
第3回 昭和62年8月29日(土)-30日(日)★合宿 ・「自由民権と地方自治」(中澤市朗)
・「秩父事件と山中谷」(清水吉二)と「風布村の周辺」(吉瀬総)の2報告についての議論
・「『白虹影』発見のいきさつとその内容」(鈴木義治)・「寄居の秩父事件」資料提供(飯島積)
・寄居フィールドワーク
30、31、39
第4回 昭和63年8月27日(土)-28日(日)★合宿 ・「秩父事件における自由党と自由観」(キム・ピルドン) ほか
57-58
第5回 平成元年8月19日(土)-20日(日)★合宿 ・「永保社について」(飯島積)
・「秩父事件研究の現況と今後の課題」(中澤市朗)
・「高校生にとっての日本」(吉瀬総)
・皆野フィールドワーク
68、69-71
第6回★合宿 平成2年8月18日(土)-19(日) ・「自由民権運動の激化事件を比較する」(吉瀬総)
・「『秩父事件研究顕彰104・105』金・中澤論文を論評する」(島田和雄)
・「秩父事件における上日野沢と下日野沢-その蜂起への組織過程と疑問点-(飯島積)」
・フィールドワーク「下日野沢を歩く」
111、119-121
第7回★合宿 平成3年8月24日(土)-25日(日) ・「稲田雅洋著『日本近代社会成立期の民衆運動』について」(吉瀬総)
・「浅見好夫『秩父事件史』について」(飯島積)
・フィールドワーク「旧本野上村を歩く」
166、167-169
第8回★合宿 平成4年8月22日(土)-23日(日) ・「明治十年代の秩父の製糸業」(中澤市朗)
・フィールドワーク「旧薄村を歩く」
210、217
第9回★合宿 平成6年8月27日(土)-28日(日) ・「秩父自由党形成の背景-上毛自由党を中心に-」(清水吉二)
・「自由党をめぐる人々-とくに星亨の評価を中心に-」(田崎公司)
314、320-321
第10回 平成7年2月26日(日) ・「埼玉の自由民源運動と秩父自由党」(鈴木義治)
・「秩父自由党について」(中澤市朗)
333
第11回 平成7年8月19日(土)-20日(日)★合宿 ・「負債返済条件緩和要求の歴史的根拠を考える」(鶴巻孝雄)
・「秩父事件と自由党非公開党員の探求」(飯島積)
366、368-369
第12回 平成8年1月28日(日) ・「秩父自由党について」(島田和雄、吉瀬総、藤井宏)
・「秩父困民党はなぜ学校費を省くため三か年の休校を要求したのか」(篠田健一)
384、394
第13回 平成8年8月18日(日) ・「自由党と困民党パート2」(藤井宏、鈴木義治、吉瀬総、篠田健一) 416、418-420
第14回 平成9年1月19日(日) ・「自由党と困民党パート3」 432、445-447
第15回 平成9年4月27日(日) ・「秩父事件における農民の権力観・政治に対する見方」(高島千代) 447、450-451
第16回 平成9年8月24日(日) ・「秩父自由党と困民党の総括」(吉瀬総)
・今後の研究課題について、その他
460、464-465
第17回 平成10年1月18日(日) ・「上州勢と秩父事件―秩父事件前後の動向―」(黒沢正則) 478、490-491
第18回 平成10年8月23日(日) ・「自衛農民と秩父事件」(高島千代)
・「明巳会と秩父事件」(黒沢正則)
510、512-513
第19回 平成11年1月17日(日) ・「福島・喜多方事件から秩父事件へ」(島田和雄)
・「秩父自由党発祥の地・下日野沢村の秩父事件」(飯島積)
526、536
第20回


第21回 平成12年1月16日(日) ・「日本史概説書、日本史辞典等にみる自由民権運動と秩父事件」(篠田健一)
・「困民党軍の東京侵攻を考える」(黒沢正則)
576、586-587
第22回 平成12年8月20日(日) ・「電文の意味を考える」(黒沢正則)
・「群馬県新田郡の武装蜂起-新田事件-」(飯島積)
608、610-611
第23回 平成13年1月21日(日) ・「秩父事件と裁判」(高島千代)
・「上野村の秩父事件」(飯島積)
624、634-635
第24回 平成13年8月19日(日) ・「秩父事件における政府中枢部の対応と軍隊・警察の出動」(島田和雄)
・「秩父自由困民党軍の武装蜂起と北相木村の秩父事件-菊池貫平小伝-」(飯島積)
・「武装蜂起に呼応した動き」(黒沢正則)
656、658-659
第25回 平成14年1月20日(日) ・「福島・喜多方事件の今日的意義-福島・喜多方事件120周年集会を本年11月16・17日に控えて-」(田崎公司)
・「小鹿野町への進軍を考える-甲乙隊のコースとその主メンバーは誰か-」(篠田健一)
第26回 平成14年8月17日(土)-18日(日)★合宿 ・「横浜の生糸取引と秩父蚕糸業-秩父事件における産業的背景の考察について-」(島田和雄)
・「地租改正について」(吉瀬総)
・「群馬の組織化と秩父への動員」(黒沢正則)
704、706-708
第27回 平成15年1月15日(土) ・「『秩父事件構想』について」(島田和雄) 720
第28回 平成15年8月30日(土)-31日(日)★合宿 ・『秩父事件史』執筆者5名の原稿第1稿の検討 752
第29回 平成16年1月17日(土) ・「秩父事件の全体像に向けて-ひとつの事例として-」(高島千代)
・「埼玉の自由民権運動」(鈴木義治)
768、778-779
第30回 平成16年8月28日(土)-29日(日)★合宿 ・「秩父事件の研究と顕彰」(篠田健一)
・「秩父事件研究の争点」(高島千代)
・「映画「草の乱」エキストラ友の会の活動」(真下滋充)
808、810-811
第31回 平成17年8月27日(土)-28日(日)★合宿 ・「菊池貫平の裁判・刑罰・入監先について」(篠田健一)
・「『秩父事件』と持田鹿之助日記」(村田嘉行)
・「明巳会と高津仲次郎」(黒沢正則)
・「新聞は秩父事件をどう報道したか-特に地方新聞から見る-」(鈴木義治)
856、858-859
第32回 平成18年1月1月14日(土) ・「秩父事件(武装蜂起)への参加の仕方」(篠田健一)
・「群馬・秩父事件と激化期の自由党、他地域の激化事件」(高島千代)
872、882-883
第33回 平成18年8月26日(土)-27日(日)★合宿 ・「1884(明治17)年の自由党」(篠田健一)
・「激化期自由党の思想-1882年までの『自由新聞』社説・論説」(高島千代)
・「法久の秩父事件」(黒沢正則)
・「おんなたちの自由民権」(鈴木義治)
904、906-907
第34回 平成19年1月13日(土) ・「激化期自由党の思想-1882・83年の『自由新聞』にみる「負担」をめぐる議論」(高島千代)
・「群馬県庁等の襲撃計画と実際」(篠田健一)
・「南牧村訪問報告」(黒沢政則)
920、930-932
第35回 平成19年8月25日(土)-26日(日)★合宿 ・「井上伝蔵の妻・古まを追って」(小美野隆)
・「組合製糸碓井社の誕生」(高橋善)
・「激化期自由党の思想-『自由新聞』の対外観・対外政策」(高島千代)
・「照山事件」(篠田健一)
952、954-956
第36回 平成20年1月18日(土) ・「秩父事件と堀口栄次郎」(村田嘉行)
・「加波山事件フィールドワーク報告」(藤井宏)
968、978-979
第37回 平成20年8月30日(土)-31日(日)★合宿 ・「組合製糸碓井社の危機」(高橋善)
・「激化期自由党の思想-1883年末・1884年『自由新聞』にみる『負担』をめぐる議論」(高島千代)
・「明巳会・高山社に集まった民権家と宇都宮平一-西郷旭堂とは誰か」(黒沢正則)
・「埼玉県人がうけとめた婦人参政権と日本国憲法」(鈴木義治)
第38回 平成21年1月10日(土) ・「組合製糸碓井社と秩父」(高橋善)
・「柏木太郎吉を追って」(長尾敏博)
1016、1026-1027
第39回 平成21年8月29(土)-30日(日)★合宿 ・「利根川水運-・横浜への生糸輸送」(高橋善)
・「秩父事件に思うこと-自由民権運動とアジア主義によせて-」(森永優子)
・「『両神村史・資料編』を読む-天保年間の薄村」(高島千代)
1048、1050-1051
第40回 平成22年1月9日(土) ・「中瀬河岸と秩父」(高橋善)
・「なぜ加藤織平を調べるのか」(篠田健一)
・「小説化された秩父事件」(鈴木義治)
・「映像化された秩父事件」(真下滋充)
1064、会報135号
第41回 平成23年1月8日(土) ・「秩父絹業-」(高橋善)
・「『両神村史・資料編』を読む-薄村の生産構造と村共同体」(高島千代)
会報141号
第42回 平成23年8月27日(土)-28日(日)★合宿 菊池貫平報告(高島千代、小椋茂、篠田健一)
・信州フィールドワーク(東馬流、菊池貫平家、井出為吉家、本陣井出家ほか)
会報144号
第43回 平成24年1月14日(土) 鈴木義治「謎の民権家・中野了随を追う」
高島千代「『村上泰治と自由党』試論」
第44回 平成24年8月25日(土)-26日(日) 高橋 善「秩父絹業2」
鈴木義治「秩父事件の伝承について」
高島千代「『両神村史 史料編』を読む」
第45回 平成25年1月12日(土) 飯塚 彬「富松正安『八王子盟約』の一考察―加波山事件と秩父事件」
鈴木義治「浦和の民権家、秩父事件の弁護人・高橋安爾小伝」
第46回 平成25年8月24日(土)-25日(日) 高橋 善「秩父絹業3」
森永優子「絹の力―絹に取り憑かれた世界の歴史」
鈴木義治「熊谷の民権家、日本初のSF作家?杉山藤次郎」
第47回 平成26年1月11日(土) 鈴木義治「杉山藤次郎を追う?」
藤井 宏「坂本村の秩父事件」
第48回 平成26年8月30日(土)-31日(日) 黒沢正則「世界遺産高山社跡と秩父事件」
高島千代「激化事件研究の現在」
田?公司「週刊日本の歴史38現代3」
第49回 平成27年1月10日(土) 黒沢正則「秩父事件130周年記念事業を終えて」
鈴木義治「民権期の秩父人はベトナムを見ていた」
第50回 平成27年8月29日(土)-30日(日) 森永優子「絹糸をめぐる国際競争―清末の中国と日本、そして二十世紀初の米国」
柏木 息「秩父事件、峠を歩く、風布隊と村上ハンの通った道―風布から日野沢方面まで」
黒沢正則「上里の偉人・松本庄八と発揚学舎」
第51回 平成28年1月9日(土) 鈴木義治「越南探求が琉球問題への視野を開いた」
高橋 善「土地と借金から秩父事件を考える」
第52回 平成28年8月27日(土)-28日(日) 柏木 息「慟哭の山嶺 総理田代栄助の足取りを辿る」
三木伸一「『秩父暴徒たいさんくどき』を読み解く―『民衆歌謡』と『民衆史』の架橋のために」
フィールドワーク「武州一揆の震源地を歩く」
第53回 平成29年1月14日(土) 引間春一「飯塚森蔵を追って」
田崎公司「松沢裕作著『自由民権運動』書評会報告」
第54回 平成29年8月26日(土)-27日(日) 園田 建 講演「秩父夜祭と田代源左衛門」
高島千代「明治期薄村」
森永優子「落合寅市に見る民権主義と国権主義」
第55回 平成30年1月13日(土) 鈴木義治「杉山藤次郎の思想を追う」
黒沢正則「秩父事件の評価をめぐって―秩父事件はカッコ付きの自由民権運動でよいのか」
第56回 平成30年8月25日(土)-26日(日) 柏木息「秩父事件、矢納村の戦闘」
黒沢正則「亜細亜学館問題に関する一考察」
鈴木義治「秩父事件終焉翌日に届出された冊子」
吉瀬総「秩父事件像再構築のための覚え書き」
第57回 2019年1月12日(日) 吉瀬総「歴史教育と教科書」
鈴木義治「禊教の故地を訪ねる」
総会シンポジウム 2019年3月31日(日) 吉瀬総「明治初年の経験」
森永優子「山田懿太郎・永保社と民権運動」
黒沢正則「11月3日の困民党軍の行動と田代栄助供述が矛盾することに関する考察」
第58回 2019年8月24日(土)―25日(日) 森永優子「落合寅市の思想形成と顕彰活動」
高島千代「幕末・明治期の薄村『木公堂日記』を読む」
中紀雄「近世における秩父地域の薪炭生産と流通の研究」
村田嘉行「秩父事件で戦死した窪田・青木両巡査」
●記念講演会・シンポジウム・事件史検討委員会・その他のイベントなどでの報告は上記掲載内容に含まれません。ご了承ください。
●上記のほか、東京勉強会では独自の研究会・フィールドワークなどを定期的に実施しております。

ウェブページ

カウンタ
Powered by Movable Type 6.0